活動日誌

嘉手納飛行場からの訓練移転(共同訓練)の中止を求める申し入れ

カテゴリー:

 去る7月20日、私は石川県小松基地へ。嘉手納飛行場からの訓練移転(共同訓練)の中止を求める申し入れに参加してきました。平和委員会の石川県事務局長・山野健治さん、「米軍来るな!」市民連絡会の代表委員・東洋子さん、日本共産党の佐藤正幸県議、橋本米子小松市議らと申し入れを行いました。

小松基地へ申し入れ

小松基地へ申し入れ

 今回の申し入れは、米軍再編に関わって、嘉手納基地から小松基地への訓練移転(共同訓練)として、7月25日(月)~7月29日(金)の間、米軍第18航空団(嘉手納)と、航空自衛隊第6航空団(小松)、中部航空警戒管制団(入間)が、戦闘機戦闘訓練を、小松基地で行うと、防衛省が7月13日に発表したことを受けて行われました。使われる戦闘機はF-15とのことで、実際の戦争で爆弾を落としているもので、まさに他国を攻撃するための訓練です。

 

小松市へも申し入れ

小松市へも申し入れ

 住民のみなさんの騒音被害への苦情も増えており、米兵が小松市にくることへの不安の声が上がっています。

 実は、小松基地には宮崎県の新田原基地から、今年の6月に「飛行教導群」10機が移転してきており、「戦闘機の爆音が増えた」「うるさい」という苦情が増えていると言います。しかも、今回の訓練で小松市へ来るのは、他でもない嘉手納基地所属の米兵です。沖縄での痛ましい事件の直後であり、住民のみなさんから不安の声があります。訓練期間中の米兵の外出も「やめなさいとは言えない」といって認められているとのこと。「防衛局の者が2人1組で巡回する」「これまでの訓練でも問題はない」と話しますが、反省や綱紀粛正をもとめても繰り返されてきたのが米兵・米軍属による事件であり、「今回はもっと強く、外出は控えよと要請するくらい当然ではないか」と住民のみなさんから声があがったのも当然だと思います。

 

住民のみなさんの騒音被害に加え、米軍が訓練期間中に外出することへの不安に応えるべきと話しました。

住民のみなさんの騒音被害に加え、米軍が訓練期間中に外出することへの不安に応えるべきと話しました。

 今回の要請は、参議院選挙後、市民のみなさんの声をともに届ける最初の活動となりました。他にも、リニア建設、子どもの貧困、介護保険、消費税、所得税法などなど、解決してほしい問題はたくさんあるとの声をいただいています。

 これからが本番。市民が立ち上がれば政治を動かせる。このことに確信をもって、頑張りたいと思います。

▲ このページの先頭にもどる

© 2015 - 2017 たけだ良介(日本共産党参議院議員)