活動日誌

投票箱のフタが閉まるまで、残り約71時間!

カテゴリー:

 選挙戦も残り3日となった7日、新潟から静岡市へやってきました。快晴の静岡は気温がグングン上がっていく。雨の新潟との違いに、身体がきつい一日でした。

 最終盤に入り、論戦はもう、はっきりしています。

安倍政権による憲法改悪を許さないこと!

アベノミクスからくらし優先の政治に変えて、命とくらしを守ること!

もちろん、原発ゼロ、TPP参加許さない、基地のない平和な沖縄・日本をと、安倍暴走政治ストップをかけます。

大いに訴えて勝ち抜きたいと思います。

寺尾市議とともに参加した静岡市のつどい

寺尾市議とともに参加した静岡市のつどい

 とある「つどい」では、「生活保護が削られた」「消費増税が法人税減税に消えてきたことを訴えてほしい」など、暮らしの声と怒りが出されました。

いつも集いでは、苦しい思いと怒りが語られます。いま政治を変えないといけない!

いつも集いでは、苦しい思いと怒りが語られます。いま政治を変えないといけない!

 世論調査では、関心ある政策に社会保障や雇用のことがあがるといいますが、その通りだと思います。「どうやったら家族に迷惑をかけずに死ぬことができるか」とおっしゃるお一人暮らしの方、「1日2食にしている」という年金生活の方もいるのです。私は、数年前のことと思いますが、おにぎりが食べたいと書き残し、なくなった事件を忘れられません。

街頭宣伝には、プラスターやのぼりがたくさん!元気に宣伝

街頭宣伝には、プラスターやのぼりがたくさん!元気に宣伝

 ある街頭演説では「私の父が、安保法制はダメだと話しています。今日父は仕事です。父の分も頑張ってください」と演説場所に応援に来てくださった女性も。のぼりをいっしょに持ってくれ、私の演説にも「そうだ!」「(爆弾をおとすための戦闘機は)いらない!」など、掛け声をかけてくれました。

田町診療所前でのまちかど演説会の様子。暑い中、熱心に聞いてくださり、「あなたのような人に国会へ行ってもらいたい」と話していただくなど、元気のでる演説会でした。

田町診療所前でのまちかど演説会の様子。暑い中、熱心に聞いてくださり、「あなたのような人に国会へ行ってもらいたい」と話していただくなど、元気のでる演説会でした。

山本市議とも訴え!憲法改悪を許さないとの訴えに、車からの激励も

山本市議とも訴え!憲法改悪を許さないとの訴えに、車からの激励も

 宣伝戦は、あと2日。投票箱の蓋が閉まるまで、あと約71時間。訴え抜いて、比例9議席以上の獲得!選挙区でも勝ち抜く!野党共闘の勝利で、政治を一気に変えよう!

▲ このページの先頭にもどる

© 2015 - 2018 たけだ良介(日本共産党参議院議員)